ブログ

アロマの効果・効能について

2019.06.21

 

アロマの効果といえば、リラックス、リフレッシュなどの癒しのイメージが強いかもしれませんが、実際にはそれ以外にもたくさんの効能が期待できます。

今回は、アロマオイル(精油)の主な効果とその作用をもつ代表的なオイルについてご紹介いたします。

 

◎心にはたらきかける

香りの成分が脳にダイレクトに働きかけることで得られる効果です。

自律神経の乱れを整え、精神的なストレスからくる疲れや不調にも役立ちます。

 

【ストレス緩和】

ラベンダー、ベルガモット、マンダリン、イランイラン、ゼラニウム、ネロリ、フランキンセンス、サンダルウッド、マジョラム。カモミール、ローマン

 

【安眠・不眠の改善】

ラベンダー、オレンジ・スイート、ベルガモット、マジョラム、マンダリン、ネロリ、プチグレン、フランキンセンス

 

【不安感をやわらげる】

イランイラン、ベルガモット、ジャスミン、ネロリ、マンダリン、プチグレン、ローズ

 

【リフレッシュ】

グレープフルーツ、レモン、ペパーミント、ローズマリー、ユーカリ

 

【集中力を高める】

レモン、ローズマリー、グレープフルーツ、レモングラス、バジル、ティーツリー、ユーカリ

 

 

◎身体にはたらきかける

アロマオイルに含まれる成分には薬に似たような働きを持つものもあります。

薬と異なり、多様な成分で構成されているアロマオイルは、肩こりの解消と同時にメンタルに働きかけて心の不調も癒すといった相乗効果の期待ができます。

 

【風邪やインフルエンザの予防】

ティーツリー、ユーカリ、レモン、ラヴィンツァラ(ラペンサラ)

使用例:芳香浴、アロマバス、オイルトリートメント

 

【頭痛】

ラベンダー、ペパーミント

使用例:芳香浴、アロマバス、オイルトリートメント

  • お知らせ
  • 2019.06.21

facebook