ブログ

冷房で冷えた体にはホットストーンが効果的!

最近、何故か肩がこる、いつもより肩がツライなんてことありませんか?

その原因は、冷房のせいかもしれません。

冷房が効いてる部屋では涼しく快適で過ごすことができますが、体をかなり冷やしてしまっています。

実は、冬場よりも夏場の方が体を冷やしやすいです。

夏場は薄着に冷房、冷たい飲み物や食べ物をとりますよね。

想像してみてください。暑い外から冷房の効いた涼しい部屋に帰ってきました。

外にいたので汗をかいていますので、冷たい冷気にあたり涼しいなあと思いながら冷蔵庫にある冷たいドリンクを飲み干します。

 

いかがでしょう?想像してみるとかなり体を冷やしてますね。

 

汗をかいた体に冷気を当てることで体の表面を冷やしてしまいます。

冷たいドリンクを胃にいれることで内臓を冷やしてしまいます。

 

そのうえ、夏場は襟のあいている服がほとんどですので、冷たい空調は上の方にくるため首や肩を冷やしてしまいます。

すると血流が悪くなり、筋肉が強張ってしまい、肩こりや首のはりに繋がります。

 

女性は特に男性より筋肉量が少ないため、冷えやすい構造になっています。

体が冷えると温めようとして脂肪がついてしまいます。

 

そんな夏場の冷えに効果があるのが、ホットストーンです。

夏場んいホットストーンは暑くないのかと思われがちですが、

冷房で冷えた身体や外との温度差で体が弱ってるときにも効果が期待できます!

 

ホットストーンの働きは…

1遠赤外線効果があり体の深部まで温める

2冷え性改善

3ホットストーンの熱で白血球が増し新陳代謝があがる

4血行促進・リンパの流れ促進

5老廃物排出・便秘解消

6ストレス解消・疲労回復

冷え性にはもちろんのこと女性の様々な悩みにアプローチします。

 

その他、日々の日常生活で心がけると良いこと

・首の後ろをストールやタオルなどで隠して直接冷気にあたらないようにする。

・冷たいものは避けて、常温か温かいものをとる。

ですが、夏場は冷たいものが飲みたいですよね。我慢は良くないので、一気に飲み込まないで少し口の中に留めてから飲む、少しずつ頂くなどいきなり胃に流し込まないよう意識するだけでも違います。

・湯船につかる

・寝るときエアコン、扇風機をつけっぱなしにしない

・一駅歩いたり階段を使い運動する

などです。できることから意識して行うようにしましょう。

 

  • お知らせ
  • 2018.07.27

facebook