ブログ

自分で今の腸の調子を調べる方法

2019.07.01

自分で、今の腸の調子を知る方法を2つお伝えします

 

 

腸活や、腸内環境を整える。腸セラピー。など、腸の調子を整える為の〇〇が様々なところで

取り上げられていますが、

 

【実際のところ自分の腸は今どんな調子なのか?】

 

きちんと説明出来る方は、どれだけ居るのでしょうか?

 

腸セラピーをされるセラピスト様や、医療関係者の方や、セルフケアを熱心にされている方は

分かるかもしれません。

 

 

ですが、実際サロンにお越し頂いたお客様で自分の腸が今どんな状態なのかをきちんと理解されている方はほぼいらっしゃいませんでした。

 

便通がいいから腸の状態がいいというのは、全ての方が当てはまっている訳ではありません。

 

 

 

腸が固く動きずらい状態でも、毎日お通じがある方もいらっしゃいますし

腸は柔らかいんだけど、便秘気味なんです。という方もいらっしゃいます。

 

 

便秘になる原因。

下痢になる原因。

 

人それぞれ、理由が違います。

 

 

 

 

 

ですので、まずは、自分で今の腸の状態を知って頂ける方法を2つお伝えします。

 

一つ目は

 

《おヘソを軸に時計回りにお腹を押してみる》

 

 

まずは仰向けになって頂きます。

(立った状態で触った場合は、腹筋に力が入っているので、固さが分かりずらくなります)

 

そして、5回〜10回くらい深呼吸をして体の余分な力を抜きリラックス状態になります。

体の力が抜けたな〜と思ったら、スタートです!

 

おヘソを軸に、時計回りに少しずつ円を広げながら3本の指(人差し指、中指、薬指)のお腹(指紋のある部分)を使い軽くグーッとゆっくり圧をかけながら押していきます。

 

※指を立てた状態で一気にグッと押すと痛みを感じやすくなったり、反射的にお腹に力が入ってしまいますので、指の腹を使ってゆっくりとがポイントです。

息を吐くタイミングに合わせて押してもOK!

 

 

範囲としては、上は肋骨の下の部分まで。下は、腰骨とみんなが呼んでいる骨盤の部分まで。

 

食べた直後や、空腹時は圧迫感や痛みを感じやすいかもしれません。

ですので、食後1時間程度経った後など食事前後は避けて下さい。

 

それと、排卵日や生理前の方は下腹部を触ると痛みを感じる事があるかもしれないので、

力加減やタイミングを配慮して下さい。

 

 

毎日このチェックをして頂くと、

 

今日はここが痛いな。

今日は、ここが固いな。

今日は、何も感じず柔らかいな

 

こんな感じで、今日の腸の調子が分かって来ます。

 

 

そして、毎日腸を触って刺激してあげる事によって腸が柔らかくなり動きやすくいい状態になっていきます。

 

 

実際、便秘だからという理由で、お腹の左下。ウンチが出る最終地点のS字結腸の部分だけ

毎日の様に自分で揉まれているお客様を施術させて頂きましたが、その方は毎日揉んでいた部分だけ柔らかくてその他の揉んでいない部分は固い状態でした。

 

 

ですので、チェックしながら自分の腸の状態が知れるうえに、更に!自分の腸の状態も

いい方向に行くという嬉しい事だらけなのです!

 

 

 

 

 

そして、自分の今の腸の状態を知るもう一つは、

 

《便の色を確認する》

 

 

便の色は個人差もありますが、理想の便はバナナウンチと言われている様に

少し黄色っぽく、バナナくらいの固さの状態が1番出やすくいい状態です。

 

もう少し、大腸が水分を吸収していくと茶色になり、更にはこげ茶や、黒っぽい感じになると

ちょっと出るのが遅いかなという感じです。

 

そこを超えると、うさぎのようなコロコロした便になったり便秘に繋がっていきます。

 

その時の状態によってアプローチも変わって来ますが、それはまた別の記事で。

 

 

 

さて、読んですぐ簡単に始められる事を書いてみました。

ぜひ、お家でトライしてみてください。

 

 

自分の体は、自分が1番分かっているようで分かっていない。

 

だけど、自分が1番理解してあげようと思った時から1番の理解者になっていきます。

 

 

 

  • お知らせ
  • 2019.07.01

facebook